Enduro-Trial.com

30歳からトライアルをはじめてどこまでいけるのか

SHERCO TY125 Adventure でエンデューロコースを走ってみました

約2分

エンジンとクラッチを消耗させないために『回転数を上げすぎないで、レブの手前の美味しいところを使う』『ハンクラでアクセルを開けすぎない』ことを意識しました。

ロングライドキットを付けると80Kg台前半の車重になります。
100Kgを超えるエンデューロバイクより疲労感が少なく、精細にコントロールできました。

場所によってはエンデューロIBの時の自分に勝てると思います。
空冷エンジンの耐久性は未知数で、強化クラッチに変えないとレースでは保たないと思いますが…
性能自体はエンデューロでも結構イケそうです。

暑い中撮影したのでX-T4(カメラ)がオーバーヒートしてAll-Intraで撮影できませんでした。
動きが早い場合Long GOPだと画質が落ちますね…
Lumix以外の1眼は夏だとオーバーヒートしてしまいます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE