Enduro-Trial.com

30歳からトライアルをはじめてどこまでいけるのか

フリマアプリでネット詐欺に遭った話 後編|財産開示 改正も無意味

約2分

勝訴

少額訴訟で相手が来なかったので勝訴しました。
10分ほどで裁判は終わりました。
形式だけという感じ。

警察も勝訴も意味なし

勝訴しても相手の財産がわかっていないと意味がありません。
差し押さえしても回収できる見込みがなければ費用の無駄に終わります。
勝訴しても回収率は半分くらいだそうです。
2ちゃんねる創始者のひろゆき氏が多くの裁判で敗訴して、数億円?請求されていても払っていませんし…

裁判よりも怖い人に頼む方が回収率は高そうです。

財産開示手続は無視されると無意味だったが改正でも無意味?

改正され書類送検された例もありますが、地方裁判所に聞く限りでは警察が動くことはまずないそうです。
相手が来なければ費用倒れだと盛岡の裁判所では言われました。

おそらく相手は今も詐欺を続けているでしょうし、警察が対応しないのでなおさら安心して詐欺をしているでしょう。
何かいい案があればいいのですが、今のところ打つ手なし、動いても時間とお金を無駄にするだけになりそうです。

不労収入で得られるくらいの額なので勉強代と思って、稼ぐことに集中した方が良さそうです。
結構イライラする出来事ではありますが、イライラするだけ無駄なので…
それくらいの金額が無に感じるほど稼げるように努力しようと思います。

出来る事、やるべき事を明確にして機械的に行動する。
その結果を想定してさらにいくつかの行動を設定する。
というやり方で感情に頼らないようにしないと色々無駄になります…

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE